www.linkler.xyz

書籍の広告、タブロイド紙、街中に張り付けられた広告やダイレクトメールなどで「債務の片付けいたします」「多重借金を統合したくありませんか」などといった惹句を読むことがありませんか。こういったものは、「整理人」「買取業者」「紹介人」という俗称の悪徳企業の広告の場合もあるのです。このようなものを申し込んだ際には自己破産フローの中で最も重要な免責認定を手に入れられなくなるパターンも存在します。「整頓屋」の場合は、宣伝などで多重債務者を引きつけ常識外の費用を出させて負債整理をするのですが整頓はなされず、負債人は債務スパイラルにはまることがすべてと言えます。「買取業者」の場合、当人のクレジットで、家電製品、旅行のチケットなどをいっぱい仕入れさせ借金者から購入した品を売値の20%〜額面半額で購入するというやり方のようです。借金者はその瞬間は小金が懐に入りますが、まもなくクレジット業者経由の買ったものの販売額の請求がくることになり、現実には負債額を増額させる結果となります。この際はクレジットカード業者への詐欺ということになって免責を受けられません。「紹介者」では、大口の金融業者から借りられなくなった借金者についてダイレクトな貸出はせずに、融通をしてくれる他の同業者を呼び出し、高すぎる料金を請求する業種です。つなぎ業者は専門的な経由で金貸し可能となったかに解説しますが本当は何もしないで種は簡単で選考の甘いサービスを知っているというだけなのです。この場合も本当は債務を悪化させる結末となります。

Link

Copyright © 1996 www.linkler.xyz All Rights Reserved.